2014年04月21日

★満月の不思議な出会い★

少し前ですが、4月15日は、ぴっかぴかな満月でしたね。しかも、皆既月食。
みなさん、何かスペシャルなことは起こりましたか?
平凡なこともスペシャルですけどね。

私は、思いがけず新しい世界が広がりました。

10日ほど前に、手首に軽い痛みが出ました。捻ったわけでも、ヨガでおかしくしたわけでも、ぶつけたわけでもなく、全く思い当たる節がありません。
普通なら、そっとしておけばそのうち治るだろうと思い、病院に行かないことが多いのですが、今回はなぜか病院に行っておこうという気持ちになりました。
しかも、よく知っている整形外科ではなく、違うところに行きました。
なぜそこにしたのかというと、その整形外科はご夫婦で経営されているのですが、奥様がブログを書いていて、偶然見つけてからたまに読んでいて気になっていたからです。
そのブログによると、どうやら外科的治療だけでなく、エネルギーワークや自然療法、ヨガ、各種セラピーなどを取り入れているようでした。
整形外科など滅多に行かないので、そんな病院もあるんだなー面白いなーと思うくらいでしたが、この手首の痛みにより、「せっかくだから行ってみよう」と思ったのでした。
病院に「せっかくだから」なんて思うことないですよね(笑)

院内は、とても綺麗で、クラシックと波の音のBGMが流れ、テレビ画面には自然の映像が映し出され、アロマも焚いてあって、それはそれはリラックスできる空間になっていました。
そして、待合室には本棚がありましたが、ここに置いてある本が面白いのです。
医療の本ではなく、エネルギーについての本、ウィリアム・レーネンさんの本、ハワイのホ・オポノポノなど、ヒーリングやスピリチュアル関連の本がたくさんあるのです。
なんだか、不思議な気持ちでした。

そして、診察になりました。
レントゲンで異常はなく、「肩こりなどが原因で手首に痛みが出ることもあります。思い当たることはありますか?」と聞かれ、平日はパソコンで仕事をしていると答えたら、「パソコンだけが原因とは限りません」とのこと。
そして、次に先生の口から出てきた言葉が!


「ハートチャクラや喉のチャクラが弱っていると、身体に不調がでることがあります」


チャクラとは、身体にある7つのエネルギーセンターのこと。
チャクラはヨガで出てきますが、まさかこの場で言われるとは思っていなかったので、かなり驚きました。
問診票にヨガをやっていることを書いたからかもしれませんが、とにかくびっくり。
先生は、物理的な治療だけでなく、エネルギーの観点からも患者さんを診て、その人にあった治療をされているようです。木だけでなく森も見る医療ですね。
しかも、レントゲンや投薬、リハビリ等の有無を、患者さんに選ばせてくれるのです。一方的ではなく、患者さんと共に治療していくという姿勢が素晴らしいと思いました。

この日はロキソニンテープをいただいて、その後痛みはほぼなくなったのですが、若干違和感が残っていたので、もう一度診察に行きました。


この日が、あの満月の日でした。


前回と同じように、待合室で本を読もうと手にとったのは、目の前にあるホ・オポノポノの本でした。
実は、私はホ・オポノポノに全く興味はありませんでした。
ハワイのスピリチュアル関係のことだろうとは思っていたのですが、「私にはヨガがあるから他は必要ない」と、本屋さんでヨガの本と並んでいても、開いてみることはありませんでした。

しかし、この時はなぜか読んでみたのです。
するとそこに書いてあったことが、

「目の前に起こることは、100%自分の責任である」


再び衝撃でした。

これ、ヨガの哲学と同じことを言っているのです。
ヨガでも、目の前の世界は自分自身が作り出していると考えます。この世界は一つながりのエネルギーで、「自分」と「自分以外」の区別はない、そして、起こることは全て必然でその人に必要なことしか差し出されない。

同じですね。
もっと言えば、小林正観さんや心屋仁之助さんが言っていることも、引き寄せの法則もバシャールも、大切なことは全て同じです。


目の前にある物、事、人、全ては「自分」です。


ホ・オポノポノは、何か問題が起こった時、それは自分の潜在意識の記憶が見せてくれているから、潜在意識をクリーニングして、執着を手放し、本当の自分になることによって、目の前の問題がなくなり、人生が良い方向に進んで行くという、ハワイの浄化方法です。


私はヨガで人生が大きく変わりましたが、ここでホ・オポノポノという新しい世界がまた開けました。

やはり、自分に必要なことを引き寄せている気がします。
新しい出会いやチャンスは、どこにあるかわからない。というか、どこにでもあるのです。

さらに、極めつけの出来事。

診察のあとに少しマッサージを受けてお会計を待っていた時のことです。
もう一度、あの本棚を眺めていました。

すると、そこにあったものは……




バガヴァッド・ギータ︎!!!!




ヨガの根本経典であり、世界で2番目に読まれている本であり(1番は聖書)、ヨガを学ぶ上で欠かせない智慧がたくさん書いてあるギータが、なんとこの病院に!
しばらく見つめていました(笑)


以前、ヨガと全く関係ない平日の仕事中にバガヴァッド・ギータを輸入するという、忘れられない経験があるのですが、ここでまたギータに出会いました。

病院なので滅多に行くことはないと思いますが、またしてもインパクトの強い経験になりました。さすが満月&皆既月食!
いろいろなワークショップも開いているようなので、機会があれば行ってみたいと思っています。


ちなみに、この経験をヨガの哲学に当てはめるなら、

イーシュヴァラ・プラニダーナ
(神への献身)

先に書いたように、神様とは、目の前の世界全てです。目の前に起こることは、全て神様からのプレゼント。望むことも望まないことも、心を開いて全てを受け入れていけば、その先には光に満ちた世界が待っています、という教えです。
手首の痛みは、神様からの「この病院に行ってみなさい」というメッセージだったのだと思います。



さて、皆さんの前にはどんな流れがありますか?
波に乗るか降りるかは、自由です。
でも、思い切って乗ってみた時、そこにはきっと思いがけない出会いがありますよ。

7AE002A7-F164-4D93-8F33-08CFBC2A46CC.jpg
posted by Natsuki♪ at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キラキラの足跡ブログパーツ

[PR] 無料で面白タイピング!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。